住宅ローン金利推移で消費税の影響は?

住宅ローンの金利は平成2年から3年頃をピークに毎年下落を続けていました。
平成8年頃までに一気に下降線をたどり、その後は若干の上下を繰り返しながら徐々に下がり続けていて、現在は最低水準で推移しています。
そもそも金利が下がると言うことは、借り手がいないから金利を下げて借りやすい状況を作っているわけです。
では、なぜ借り手が少ないかと言うと、不景気で高額な買い物ができないからです。
そのメカニズムは「給料が安い→安い物しか売れない→企業が儲からない→給料が更に安くなる」というデフレ・スパイラルだからです。
その結果、流通するお金の量が減ってくるので、不景気になるわけです。
政府は住宅ローンを借りやすくするために減税措置などの優遇策を打ち出しています。
消費税増税も、かけこみ需要を多くして史上を活性化される政策なのかもしれません。
住宅価格は消費税増税で上がる?住宅ローンと消費税!【建物価格!】