水道水まるわかりナビ

水道水と井戸水の違いは?

水道が普及した現在では、井戸水を使って生活をしている地域は、とても少なくなりました。

 

少なくなったとはいえ、それでも井戸水を生活用水として利用しているところは、実際にあるわけです。

 

近ごろ、水道水の安全性についても疑問の声が上がっており、井戸水が見直されている風潮もあります。

 

水道水と井戸水の違いとは、どんなところにあるのか、改めて考える必要があるように思います。

 

水道水は川や湖、または地下水から取水されます。安全性を確保するために浄水場でろ過を繰り返し、塩化石灰で殺菌と消毒を行います。そのため、日本の水道水は世界でもトップクラスの安全性を誇っているのです。

 

水道は現代の生活に必要不可欠なもので、とにかく清潔で安全であることが必要とされます。つまり、水道水に求められるのは、水のおいしさよりも清潔かつ安全であることなのです。

 

その清潔さを追求するあまり、別の弊害が問題視されていることも事実です。

 

一方、井戸水は自治体だけではなく、利用者たち自らが衛生管理を行う必要があります。井戸水は一年中、常に同じ状態ではなく、気象や環境によっての影響を強く受け、水質が変化する場合が多々あります。

 

井戸水は、水道水以上に地質の変化に敏感なのです。

 

ですから安全性が確保できない井戸水は、飲料用として利用するには、不向きと言わざるを得ません。飲料用、または料理用として使うならば、水道水のほうが井戸水より安心といえるでしょう。