水道水まるわかりナビ

水道水のPHって何?

水道水の水質基準を示すもので、よくPH(ペーハー)という記号を目にすることがあります。このPHとは一体なにかというと、水の酸性とアルカリ性の度合いを示す数値なのです。

 

酸性とアルカリ性というと、小学校の理科の授業で使った、リトマス試験紙を思い出す人も多いかと思います。

 

リトマス試験紙にレモン汁をたらすと、青色に変化します。これは、レモンがアルカリ性であるということを示しています。

 

逆に酸性のものをたらすと、リトマス試験紙の色は赤に変わります。このような変化の度合いを数値にして、示しているのがPHです。

 

水道水の測定にも、このPHという単位が使用されています。

 

PHは、1から14段階あり、値が14に近いほどアルカリ性が強いことを示し、0に近いほど酸性が強いことを示します。 水道水の基準PH値は5.8以上、8.6以下となっていて、PH7前後が適しています。

 

日本の水道水は全国どこでも、このPH7前後を示しています。

 

この値は、酸性でもアルカリ性でもなく、中性であるとことを示しています。

 

この単位は、水の汚染具合によって、浄水場での使用する薬品の濃度を判定を際に用いるものです。PH7の中性ということは、人体への悪影響はなく安全と判断できます。

 

またPHの数値は、水のアルカリ度、酸性度の度合いによって、飲料水、洗浄用、除菌用、工業用などの、いずれに適しているかなどの判定にも用いります。

 

ちなみに井戸水は、水道水と同じ中性が多いですが、気象や環境の変化によってPH値も変わってしまう場合が多いので、定期的なチェックが必要といえます。