水道水まるわかりナビ

水道水直結ウォーターサーバーの電気代について

ウォーターサーバーは電気で作動して冷水やお湯を作り出しますから、当然、電気代がかかります。

 

よほどの場合を除くと24時間電気を仕様し続けている状態です。

 

では、このようなウォーターサーバーの電気代は毎月いくらくらいになるのでしょうか?

 

ウォーターサーバーにかかる電気代は、メーカー、種類、サイズで差が出てくるようですから、月額いくらかとは言い切れないのが正直なところですが、今のところ電気ポットを使う場合にかかる電気代と、ほぼ同じと考えていいでしょう。

 

電気ポットとほぼ同じなら、安いですよね。しかも電気ポットは、お湯を沸かすことしかできないのに対して、ウォーターサーバーでは冷水をつくることも出来ますから、1台で2役の役割がありますし、冷水もお湯も、いつでも使うことができるので、お湯を沸かしている間の待ち時間もないので、急いでいるときには便利です。そのため、電気ポットよりは、使い勝手はいいと言えます。

 

それで電気代は電気ポットとほぼ同じならば、ウォーターサーバーのほうが、断然メリットはあります。

 

24時間使いっぱなしでも、全然気になりませんよね。むしろ、24時間使いっぱなしなものなので、電気ポット並に電気代が安く済むというのは、すごく助かります。

 

使うたびに、いちいち電気代を気にしなくていいというのは、とても嬉しいですよね。

 

水道水直結のウォーターサーバーは、電気代を気にすることなく、使いたいときにいつでも冷水やお湯が使えるところが、魅力なんですね。