水道水まるわかりナビ

水道水は飲める水なのに何故ミネラルウォーターを買う人がいるの?

最近、色々なブランドのミネラルウォーター市場に出回り、購入し利用する人も年々、増えています。

 

水道水はちゃんと飲める水なのに、わざわざミネラルウォーターを買うのはナゼ何だろうと思う方も、中にはいらっしゃるでしょう。

 

ミネラルウォーターを購入する理由としては、水道水に対する味の不満と、安全性の不安が挙げられます。

 

水道水は安全性を確保するために、浄水場で塩化石灰のよる殺菌と消毒を行います。その塩化石灰に含まれる塩素は水中の微生物を分解するときに、発がん性物質であるトリハロメタンを発生させます。

 

しかも塩化石灰は、髪や肌のタンパク質を破壊し、細胞に大きなダメージを与え、 肌の保湿力などを低下させ乾燥肌を引き起こします。さらに、子供では免疫力の低下が起き、骨の軟化やアトピー性皮膚炎を悪化させる危険が高いです。

 

また、味も塩化石灰のせいで、著しく低下させています。そのせいで、水道水はとてもじゃないけど飲めない、という方は多いと思います。

 

ミネラルウォーターには、逆浸透膜を通すことで、一切の不純物を取り除いた「RO水」を使用したものや、天然水に手を加えたものなどがあり、味はもちろん、安全性についても、製造工場での厳しい管理のもとで製造、ボトリングされているので、安全でおいしく飲めます。
さらに、ミネラルウォーターはミネラル分を豊富に含んでいるので、美容や健康維持、ダイエットにも一役買ってくれます。

 

こういった背景から最近では、ミネラルウォーターの需要が増えているのです。