水道水まるわかりナビ

水道水を赤ちゃんのミルクに使用しても大丈夫?

最近、水道水に対する不安の声が高まっていますね。

 

水道水には、多くの残留塩素が含まれていて、 この残留塩素が、水道水を安全どころか私たちの身体にはとても危険な物質となっています。

 

この残留塩素とは何かというと、浄水場での殺菌、消毒に使用した塩化石灰が、家庭の給水管へと入る間に、雑菌などが繁殖しないように残っているものです。

 

水道水に残っている塩素は、身体のタンパク質を破壊し、細胞に大きなダメージを与えます。 肌の保湿力などを低下させ、乾燥肌やアトピー性皮膚炎を悪化させる、原因のひとつとも言われています。

 

さらに、トリハロメタンという物質が問題になっていて、トリハロメタンは塩素が微生物を分解する際に発生する、発がん性物質です。

 

これらのことからも分かるように、水道水についての問題点や不安は、たくさんあるのです。

 

普通、粉ミルクは水道水で沸かしたお湯でつくることを前提に製造されていますが、これでは安心して赤ちゃんが飲むミルクに、水道水を使うことは出来ません。

 

水質基準では、水道水を飲み続けても健康に影響を生じない水準で、安全性を十分考慮して定められていますが、大人はいいとしても赤ちゃんとなると、やはりどうしても気になってしまいますよね。

 

どうしても心配ならば、天然水やミネラルウォーターの配送サービスなどを利用するのも、選択肢のひとつとして覚えておくといいでしょう。

 

天然水やミネラルウォーターの配送サービスなら、衛生面においても安心してお使いいただけるので、お勧めです。