水道水まるわかりナビ

水道水はそのまま飲んでも大丈夫?

やっぱり水道水って、そのまま飲むのは不安ですよね。

 

水道水はそのまま飲むと、下痢を起こしたるする場合がありますから。

 

水道水は安全性だといいますが、本当でしょうか?

 

水道水は浄水場で塩化石灰による殺菌と消毒を行います。その塩化石灰に含まれる塩素は、水中の微生物を分解するときに、発がん性物質であるトリハロメタンを発生さるといいます。

 

なんだか、ヤバイ話ですよね。

 

しかも塩化石灰は、タンパク質を破壊し、細胞に大きなダメージを与え、 肌の保湿力を低下させ、乾燥肌を引き起こします。さらに子供の場合では、骨の軟化や免疫力の低下、アトピー性皮膚炎を悪化させる危険性も高くなります。

 

また、塩素が食品の細胞に入り込み、ビタミンを破壊してしまうという、星薬科大学による分析結果が出ています。
日本の水道水は、世界でもトップクラスの安全性を誇っているといいいますが、他の国のほうが圧倒的に水質が悪いので、比較すること自体が、違うような気がします。

 

やはり、毎日飲んだり使ったりするものですから、少しでも不安要素があると心配になってしまいます。

 

今では天然水やミネラルウォーターが、いろいろな形で手に入るので、水道水をそのまま飲むのは、どうしても抵抗があるという方は、それら天然水やミネラルウォーターを利用するのがいいでしょう。

 

特に最近では、天然水やミネラルウォーターの宅配サービスが注目を集めていますので、これも選択肢のひとつとなりますね。