水道水まるわかりナビ

水道水はどのようにして出来ているの?

私たちが普段使う水道水の原水は、川の水などから取水したものです。水源地となる山に、に雨や雪が降って地面にしみこみます。

 

山に降った雨や雪は少しづつ地面からしみ出て、湧き水として小川や湖に流れ出し、ダムにたまります。ダムでは川に流す水の量を調整し、下流へ向かって大きな川となっていきます。

 

取水した水は大きなトンネルやパイプラインで浄水場まで送られます。その浄水場に送られてきた水を、水道水として利用出来るようにするため、浄水処理します。そして、水の使用量に応じて水量を調整しながら、配水管で水道水を送ります。

 

また、水道水の水源は、川の水、ダムに貯めた水、地下水と三つに分けられます。それらの水を安心して飲める水にするために浄水場で、浄水処理をするのです。

 

浄水場では、まずポリ塩化アルミニウムという薬の働きで、水の中の小さなゴミや砂を沈みやすい固まりにします。そうして、水の中のゴミや砂は、沈澱池で取り除かれます。

 

次にろ過池では、さらに細かい雑菌やバイ菌を取り除くため、敷き詰められた砂や砂利に水を通し、ろ過します。さらに塩化石灰という薬で消毒します。

 

他にもいろいろな設備で、水道の水の安全を毎日検査し、いつでも安心して使えるようにしています。

 

最後に配水池に貯められた水は配水管を通り、配水管から各ご家庭に引き込まれた給水管を通り、私たちの家や学校に送られてきて、蛇口をひねれば水道水が出てくるというわけです。


ミネラルウォーターと水道水の違いは?

最近、色々なブランドのミネラルウォーターを見かけることが多くなりました。

 

普段、水道水を使っていると、販売されているミネラルウォーターと水道水の違いは何だろうと、思ったりすることがあると思います。ミネラルウォーターと水道水の違いは何でしょうか?

 

そもそもミネラルウォーターとはどのようなものかというと、地中でミネラル分が溶解した地下水を原料とし、ろ過・沈でん・加熱殺菌のほか、オゾン殺菌・紫外線殺菌・ミネラル分調整・ブレンド等の処理を行ったものをいいます。つまり、人工的に手を加えた物をミネラルウォーターと呼ばれます。

 

一方、水道水は川や湖から取水されるので、天然水と原水は同じと言えますが、その安全性を確保するために浄水場で殺菌と消毒を行います。その殺菌と消毒で使われるのが、塩化石灰です。

 

取水される水に含まれた、有機物やアンモニア成分などがこの塩化石灰に反応して、いわゆる「カルキ臭」を発生させてしまうのです。

 

ミネラルウォーターと水道水との最大の違いは、やはり「味」ということになります。

 

ミネラルウォーターにはカルシウム、マグネシウムと言ったミネラル成分が豊富に含まれていて、このミネラルバランスによって水の味が決まるのです。

 

水道水は塩化石灰による殺菌、消毒を行っているのと、水道管の中を長い距離にわたって通っているため、どうしても匂いや味が気になり、安全性についても不安があります。

 

ミネラルウォーターは製造工場での厳密な管理体制の中、製造、ボトリングされているので、安全でおいしく飲めます。

 

水には大きく分けて、軟水と硬水とで分けられます。ミネラルウォーターの軟水は水道水と硬度はほぼ同じですが、硬水のミネラルウォーターになると、水道水より数十倍多くミネラルが含まれています。

 

硬水のミネラルウォーターは、美容にも効果があると人気があり、愛飲者も増えています。

 

飲料用として水道水には不安があるという場合は、ミネラルウォーターをおすすめします


クリクラのサーバーがうちに来ました!<体験口コミ>

 

クリクラの口コミ評判どう?苦情や放射能が心配…【私のガチ体験談紹介】
【ついにうちにもクリクラウォーターサーバーがやってきました!】
クリクラのウォーターサーバーって評判通りに良いの?
まずは、ミネラルウォーターをスーパーに買いに行かなくてよくなったのが良かったです!
あとは、味とサーバーの使い勝手をしっかり検証して口コミします!
www.waterserver-real-review.com/nacoo/crecla.html